忍者ブログ
なぜ書くのか。それは、人に言葉があり、私に心があるから。

2017

0823
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006

1022

わたしは、生まれつきひねくれ者で意地っ張りです。


すげー「なんでだよッ!」って思う時も、それを見せるのが悔しいから、平然を装ってしまう傾向があります。(かなり隠しきれていないというご指摘もありますが。)


でも、身近にいるとっても自分に素直に感情を出す性格の友人を見ていて、もっと素直になるべきだろうかと思い、最近しばらくそれを試みていました。


確かに、感情を素直に出すと楽でした。それでうまくいく事もありました。


しかし、そうやって今までなら「隠しておくべき」と思っていた感情を表に出している自分が、みっともなくて、あさましくて、情けなく思えてきました。


だから、我慢をしてでも、やっぱり意地を張り続けるのが自分らしいと思いました。


これからは、少しだけ昔の自分に戻ろうと思います。

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
そかそか
感情を出すか出さないか、
自分で選べるならいいよねぇ。
僕はどうも、抑え込んでしまうクセがあるわ。
そうしてると、感じなくなっちゃう時があるのよね。

感情を出すか出さないかも大事だけれど、
今自分が何を感じているかは
しっかりキャッチしなくちゃなぁ。
と、ちょっと独り言になってしまったけど;
nagi URL 2006/10/22(Sun)15:43:56 編集
タイミング
感情を出すのは、タイミングが難しい。
友達がいつでも感情を出しているわけではなくて、意図しなくても、そのタイミングを心得ているではないかな。その辺も見てみたら。

素直な自分の表現の一つと考えれば、みっともなくも、浅ましくもないと思うよ。

素直な自分の表現は、恋愛の時にはきっと良い方向に働くと思うよ。今から練習でも。(と、偉そうにいう私も、自分の表現ができない一人ですが。)

意地っ張りは自分らしいと思うならがんばって貫こう。意地っ張り仲間が応援します。

yama 2006/10/23(Mon)01:35:37 編集
それって・・・
私もよく知ってる人のことだよね、たぶん 笑。違ったらなんだけど、彼女の素直さにはたいしたもんだな~と思うよ。私もそこまで感情を出すほうじゃないから、なんだか羨ましいと思う。でも、人それぞれあったやり方があるしね。爆発しちゃう前に感情を出して、多少我慢できることなら我慢して、それでいいんじゃないかなと思うよ。
sayaka 2006/10/23(Mon)05:30:19 編集
自分自身という役
ママは、また憧れの物理先生の話を思い出し、「人間なら、誰にしても役者であり、自分自身という役を演じるのは一番面白いけど、一番難しい。感情を出すか出さないかより、なぜこういう感情が生じてしまったかをいち早く認識できるのは大切」。

生きるかぎり、自分を演じ続ければならないという意味で、これは生涯の課程。有名な役者たちさえ、偶々個人的な感情トラブルに巻き込まれてしまうので、やはり自分を演じるのは一番難しい。でも、面白い、とママは今も思う。
mama 2006/10/23(Mon)18:00:22 編集
Emotion1
なぎへ
「あんまり感情を出すもんじゃない。特に嫉妬などのネガティブでみっともない感情はそうだ。」
それが、私が守るべき道徳として身についていたものだったんだけど、生まれつきそんな事が念頭にもないような自由奔放な人を見ていると、それを守るべきなのかどうかさえ分からなくなる。
私の場合は自分が感じているものが手に負えなくて、一生懸命コントロールしようとしている状態が多い。それもまた悩みです。

Yamaさんへ
はい、やっぱり滑稽なほど意地を張ってるのが自分だなあと思ってしまいました。
そんなのが自分らしいと思えるあたり、救いようのない意地っ張りですよね。

素直な感情表現が恋愛において役に立つのはよく分かります。
今まで思ったことをちゃんと口に出したり行動に移したりしていれば、きっと人生が変わっていた気がしてなりません。
これも練習あるのみ、ですかね。
ゆにん 2006/10/24(Tue)08:56:02 編集
Emotion2
Sayakaへ
ええ、まさしくその人です。ほんと、見ていて羨ましい。
いや、きっと本人にも他人と同じぐらい悩みとか苦労とかがあるんだろうけど、それを感じさせない自由奔放さっつーか、精神年齢の若さつーか。
うーん、じゃあやっぱりこれが私に合ったやり方なのかなぁ。
なんかSayakaのコメントにすごい親近感がわいたよ。
これからもがんばってこーか。

Mamaへ
人生就像一場戯ってことだね。
私も感情の原因を認識するようにはしているけれど、認識してもそれを変えられない場合はどうしようもない。
自分ではその原因の発生を止められない場合がほとんどだから、やっぱり自分が感情を抑えたりしないといけない。
面白いかも知れないけど、大変だよー。
ゆにん 2006/10/24(Tue)09:10:13 編集
大変
大変だね、ママは良く分かる。なぜ、こんなに大変か、心理学者の説明による、感情の発生元は自然体の身体で、それに纏わっている結果と責任を認識しているのは高度に発達している私たちの意識である。この両方は常にアンバランスであるという。極端な例として、自殺という人間の行為。納得するかな。。。
mama 2006/10/24(Tue)10:20:08 編集
Emotion3
うーん、じゃあ人間に生まれた時点で大変な運命なのかな…。
考えなければ、悩むこともないものね。
確かに、動物は自殺なんて考えもしないだろう。
それこそ疑いなく純粋に生きている事だと言えるけれど。
ゆにん 2006/10/25(Wed)14:08:45 編集
E.Q.
そうだね、高度に発達されている私たち人間の意志は邪魔な仕事もをよくしてくれているみたいだね。素直に自分が感じたことを相手に伝えば良かったのに、必要以上に意地っ張ってしまい、後で悔しくで堪らない時もあるからね。これも一つのEMOTIONAL INTELLIGENCE でしょう。。。
mama 2006/10/26(Thu)12:55:45 編集
Emotion4
うん、思った事とは反対の事を言ってしまう事が多いね。
正直は美徳だけど、自己コントロール力も美徳。
それのちょうどいい度合いと適切な場合を選ぶのが難しい。
にんにん 2006/10/26(Thu)13:48:46 編集
trackback
この記事のトラックバックURL:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
(01/02)
(01/01)
(12/31)
(12/31)
(12/31)
(12/30)
(12/29)
(12/29)
(12/28)
(12/28)
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
Ning Ning
年齢:
32
性別:
女性
誕生日:
1984/10/25
職業:
大学本科生
趣味:
読書、創作、映画、写真、旅行、ギャンブル
バーコード
ブログ内検索
カウンター
カウンター
カウンター
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP