忍者ブログ
なぜ書くのか。それは、人に言葉があり、私に心があるから。

2017

1023
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006

1107

フセイン元イラク大統領に、「人道に対する罪」などで、米英軍とイラクの新政府による裁判所から死刑判決が出された。絞首刑だそうだ。今日のニューヨークタイムズの一面は、その判決に人差し指をあげて抗議するフセインの写真だった。


ブッシュの率いるアメリカ軍に攻められて、イラクを24年間独裁統治した彼の人生は終わった。アメリカが何としてでもイラクを攻める姿勢を明らかにした時、きっとフセインも一国の指導者として、自分の死が決まった事を理解したに違いない。それが戦死であろうと、絞首刑であろうと、結果は同じだ。


人を殺すこと、他人に不利益をもたらすこと、自分の都合のいいように人やものを不正に利用すること。それらは誰がしても犯罪のはずだ。しかし、それらを行っていない指導者なんているのだろうか?


ブッシュだって、軍を指揮してアメリカ人とイラク人を殺した。戦争を起こして一握りの人間に利益を与え、数え切れない人たちに不利益をもたらした。正義という言葉を不正に利用した。でも彼は死刑にはならない。彼がフセインと同じ場所に立ち、裁かれる事は決してないからだ。


フセインは確かに死刑に値する事をして来ただろう。でもそれは、国の指導者である誰もが多かれ少なかれやっている事だ。英雄と犯罪者は、実は紙一重でしかない。問題は、裁かれる立場に立たされるかどうかだけだ。フセインが縛り首になるのは妥当だろうが、フセインと同じ場所にブッシュも立たせてやりたい。

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
勝てば官軍、的な考えなんでしょうね。
それを言えば東京裁判だってそうなのかもしれません。
原爆を落としたアメリカは裁かれないわけですし。
常に強い立場の者が正しいと見なされるんですかね…。
花流 2006/11/08(Wed)10:04:38 編集
その通り
うん。人が人を裁いている限り、司法や正義はどうしても完璧ではない。
しかし、人以外の誰かが人を裁けるわけでもないので、こうするしかない。
アメリカの横暴な”正義”はその仕組みから起こり得る「仕方のない事」ではあるが、せめてその仕組み自体の理不尽さを念頭におき、正義が純粋に正義であった事など一度もないという事を理解して、節度のある振る舞いをしてほしいものだ。
人倫や節度とは、力のある者こそが持たねばならないものなのだから。
ゆにん 2006/11/08(Wed)13:09:06 編集
trackback
この記事のトラックバックURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
(01/02)
(01/01)
(12/31)
(12/31)
(12/31)
(12/30)
(12/29)
(12/29)
(12/28)
(12/28)
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
Ning Ning
年齢:
32
性別:
女性
誕生日:
1984/10/25
職業:
大学本科生
趣味:
読書、創作、映画、写真、旅行、ギャンブル
バーコード
ブログ内検索
カウンター
カウンター
カウンター
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP