忍者ブログ
なぜ書くのか。それは、人に言葉があり、私に心があるから。

2017

0823
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006

0902

ダ・ヴィンチという本のための雑誌があって、そこでしりあがり寿さんが「オーイ・メメントモリ」という2ページ漫画を掲載している。脱力感の漂う絵なのに、なかなか深いネタに突っ込んでいて面白い。この前は、変わる「日本」というものを題材にしていた。

舞台付きの居酒屋みたいな所で、”日本”を題しながら中国風の衣装と踊りが出てきて、観客(日本への情熱を胸に抱く中年男性たち)が猛烈に文句を言う。次に白ふんどしの男たちが出てきて、彼らは「これぞ日本」と喜ぶが、白ふんどしの男が女とからみ始めると「いかがわしい」とブーイング。ふんどしって要はパンツ一丁…と考えてはいけない。

次にきらびやかな着物をまとった芸者さんが登場して、誰もが「これは日本だ」と認めるが、それに対して「何をちゃらちゃらしおって!」と勾玉を付けた古代人が怒り、今度はその古代人たちに「きさまら渡来かぶれのマゲを結いおって!」と縄文人が怒っている。もうここまで来ると可笑しくて、何が何やらだ。最初の中国風の衣装(飛鳥・平安時代の「日本」)から、すべてはあの列島で日本人が創って来た文化なのに、どこも文句を言われてしまうのである。

この分じゃ、今の私たちだって未来の日本文化を「日本」と認められるかどうかわからんな。

 

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
まるやまだねぇ
日本文化の「雑居性」を鋭く指摘したのは
丸山真男さんでしたなぁ。
色々なものがあるけれど、それらが交わり合うことなく、
同時空間的にただ存在しているだけ、という。
交わり合うと、雑種文化になるわけだけれど。

「日本の思想」という本を思い出したなりけり。
それだけでした、失敬ー。
nagi URL 2006/09/02(Sat)10:05:19 編集
みか
ゆーにーーん!!
今日9時コロから遊びに行って平気???
暇だったらなんかDVDでもみようよーーー!!!!
みか 2006/09/03(Sun)10:54:42 編集
そうですなあ
なぎへ
文化って基本的にそういうものだよね。アメリカだってそうだよ。メルティングポッドとも言えるけれど、やっぱりサラダボールである。その様々な具たちを全部からめるドレッシングが、星条旗への愛着と言ったところか。
ううむ、その本読んでみたいな。

みかへ
おーらい、また電話してくれい。百万ドルベイビーを観ようぜ。
ningning 2006/09/04(Mon)10:58:40 編集
trackback
この記事のトラックバックURL:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
(01/02)
(01/01)
(12/31)
(12/31)
(12/31)
(12/30)
(12/29)
(12/29)
(12/28)
(12/28)
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
Ning Ning
年齢:
32
性別:
女性
誕生日:
1984/10/25
職業:
大学本科生
趣味:
読書、創作、映画、写真、旅行、ギャンブル
バーコード
ブログ内検索
カウンター
カウンター
カウンター
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP